日経やばいね

今日は、おおくの人が日経に煽られ逝かれました。

午前は急騰で沸いてた人が午後にはお通夜になってました。飛び乗りがいかに危険か物語ってますな。為替なら常識ですが、株クラは基本的にロングでついてくスタイルなので、まぁみんな刈られたんだろうなと。とはいえこれは流石に同情しますわ。

f:id:miraaaman:20171109165134p:plain

 

そして、すでに古くなったのかも知れないですが、この前書き残していたGBPUSDの見通しを書いておこうと思います。チャートは1日前のものですが、とくに問題はありません。GBPUSDはわりと長期で方向性を判断する必要があります。ポンドは普通4円幅でみます。

そして、一昨日の時点でちょうど月足のトレンドの下限に達したところなので、ここから思いっきり下はテクニカル的には考えずらいです。その証拠に、きのう下限で底打ちし上に上昇しました。方向感としては一旦上が濃厚です。

そして、引いてるラインはもっとも重要であると思われる三つのラインで、長期で見た時、大きな節目となるラインです。これを抜けるのは「相当な勢い」と「その理由」が必要と考える事が出来ます。いまのところ、それを抜けるほどの理由がないので、トレンドにそった動きをしています。

理由があるとすればやはり「ブレグジット問題」です。これもなかなか決まらず、水面下ではくすぶっているので、どこかで噴出してきそうなのは間違いありません。来年早々には、議会の期日の関係で一波乱あるんじゃないかと予想している人もいます。

ただし、最近は金利の話しや、ドル絡みの動きが多いので、EURUUSD と連動性が出てきました。ですので、GBPUSD をやる人は、ドルと金利を追っていけば、上手く取引できると思います。ぜひ参考にしてみてください。

f:id:miraaaman:20171108040134p:plain