読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイターの指標アプリ その2 動作テスト ADP雇用統計

日記

ロイターの指標アプリの動作テストを行いました。特に問題もなく実際の指標でも動作確認ができました。ただ値動きが全くなかったので希望の値幅に届かず最後は自分で切りました。

テスト稼働の様子は、下記のリンクから動画で見れます。値動きが弱い分、非常に地味な動画なので指標時間まで早送りするといいかもしれません。ADPの発表時間は 21:15 です。左下の時計はPCから時間を拾ってるのでちょっと遅れています。正確な時刻はMT4の左上にあるサーバータイムが正確な時刻です。GMT3です。

 

動画で実際に確認できますが外為ドットコムの指標フラッシュは、ほんと優秀でして、本気でゼロ秒配信です。

動画をコマ送りにすると分かりますが、リアル口座のほうがティックの反映が早いからかデモ口座より先にポジションが取れています。もしかしたらリアル口座のレーテンシーが抜群にいいからかもしれません。この口座はMT4の動作を入れても平均 4ms と驚異的ですからこれが大きいのかも。

 

ちょっと失敗したのが配信を受けてから→MT4で実際にポジションを取るまでを計測しておけば良かったなと。これを見る限りだとロイター配信がたぶん、500ミリセカンドくらいの遅延で、ポジション発注から業者が受けるまでが50~100ミリくらいなんだと思います。ゼロ秒で取れているので問題ないのですが実行速度は計測しておくべきでした。

 

あと今回は、参加者も少なかったので、スプレッドが全く開いていません。金曜日のNFP(米雇用統計)くらいにどれくらい広がって、ポジションメイクできるのか気になるところです。